荷造りの仕方やインターネット申込割引で値段を抑える

Posted on 2017-04-08

荷造りの仕方で値段を抑えられる可能性があります。当然プロに荷造りをしてもらえれば、割れ物などもできるだけ割れないように配慮してくれたりするので一定のメリットを期待することができます。しかし、荷造りをお願いするとその分人件費がかかるので、引越し料金の総額が高くなる可能性があります。そのため、自分で荷造りをすれば安く済ませられるかもしれません。また、ダンボールも自分で準備をすれば費用を安くできる可能性があります。例えばスーパーマーケットなどを利用すればダンボールを無料で取得できるケースがあります。

インターネット申込割引などを実施してくれる引越し業者を利用すればその分料金を安く済ませられる場合があります。インターネット申込割引とはインターネットから申し込みをしてくれた方が割引対象となるサービスで、一般的な申し込み方法よりも値段を下げられるケースがあります。もし、上記で紹介したような安く抑えるポイントを実行し、更にインターネット申し込み割引を利用すればさらに値段を安くできるので、一定のメリットを感じることができる人もいるのではないでしょうか。

また、以前に引越ししたことがある方は、リピート割というものがあります。リピート割は、広告費の削減につながるため、当然お客様の引越し料金もお安くなります。引越し格安にするためには、このようなポイントを参考にして家計に負担を与えないように安く引越しをしましょう。

安い時期や不用品を処分して引越しする

Posted on 2017-04-05

まず、できるだけ安く引越しをする方法として挙げられるのが、安い時期を選択することです。引越し料金は時期によって値段が変動するとされています。例えば、3月や4月は繁忙期であるとされています。3月や4月はこれから新しい生活を始める人が多く、大学の入学式や入社式に合わせて新しい家に引越しをする人が多いです。繁忙期になればその分値段が上がるのが一般的です。

では何月に移動をすれば安く抑えることができるのでしょうか。それは引越し業者によっても異なりますが、9月、6月7月です。特に9月はこの中でも一番料金が安いケースが多いです。もし引越しをできるだけ安く抑えたいのであれば繁忙期を避けた時期に引越しを検討してみてはいかがでしょうか。

その他の安くする方法としては、不用品を処分することになります。引越し業者によっても異なりますが、荷物を運ぶトラックで値段が変わるケースがあります。例えば軽トラックなどで荷物の持ち運びが可能なご家庭はその分安く値段を抑えることができます。逆に4トントラックなどの大きなトラックが必要な方は、その分チャーター料金が高くなるので、費用負担が大きくなります。もし荷物を少なくすることができればトラックのサイズを小さくできるので安くできる可能性があります

引越し料金を安く抑えよう

Posted on 2017-04-01

住居を移動する機会は頻繁ではありませんが、人生の中で何回も体験する人は多いです。例えば支店の移動によって住居を変えなければならない人もいます。東京から大阪の支店に異動する人や、地方に応援で数年間滞在しなければならないケースもあります。基本的にお仕事で移動をする人でご家族がいる人は単身赴任やご家族と一緒に移動するケースもあります。

また、大学に入学するお子様をお持ちのご家庭においてはその大学が実家から通えるところにはない場合、一人暮らしをさせて大学に通うことになります。その際にも引越しをして子供が大学に通いやすい環境を整えてあげるのが一般的です。

このように引越しをする機会は少なくないので、実際に引越し業者の利用を検討している人も少なくないでしょう。引越し業者の利用検討中の方にはできるだけ安く抑えたいと考えている人も少なくありません。引越しをする際には当然、引越し料金がかかりますが、引っ越しをした後も費用がかかるケースが多いです。例えば、引越し先の住宅が一般的なお家であれば家具や電化製品が備わっていないケースが多いです。もし家族全員で移動をする時は全ての家具や電化製品を移動させて新しいお家でも使うことができますが、学生やサラリーマンが単身で引っ越し時は新しく家具や家電製品を買い換えなければなりません。このように引っ越し以外にも費用負担があるので、今回はできるだけ引越し料金を安く抑える方法を紹介します。